マンション売却でおすすめの業者や初めてでも失敗しないやり方とは?

マンション売却おすすめのやり方とは?

マンション売却の手続きには、一般的には3ヶ月から6ヶ月程度が目安とされています。

売り出しから売買契約が成立するまでの期間は平均で3ヶ月程度とされています。

ただし、これはあくまで平均的な期間であり、物件の立地や条件、市場の状況、買い手の見つかりやすさによって、期間は前後する可能性があります。

1. マンションの相場を確認する

インターネットの不動産情報サイトを利用して、売却予定のマンションが位置する地域の相場を調べます。

近隣の物件の成約価格や売出し中の物件価格を比較し、自分の物件の価値を推定します。季節や市場の動向によって価格が変動するため、最新の情報を得ることが重要です。

2. 不動産会社にマンションの査定を依頼する

売却するマンションの簡易査定は、インターネット上で行われることが多く、物件の基本情報(住所、広さ、築年数など)を入力するだけで、おおよその価格がわかります。

マンションの訪問査定では、不動産会社の担当者が実際に物件を訪れ、状態や周辺環境を確認した上で、より正確な価格を算出します。

 3. マンション売却に必要な書類を準備する

売却するマンションの登記済証や登記簿謄本は、物件の所有権を証明する重要な書類です。

固定資産税の納税通知書は、物件の評価額や税額が記載されており、売却価格の参考になります。その他にも、マンションの管理費や修繕積立金の支払い状況を示す書類も必要になることがあります。

4. 不動産会社と媒介契約を結ぶ

一般媒介契約は、複数の不動産会社と契約できるため、広範囲に売却活動を行うことができます。

専任媒介契約は、一定期間、一つの不動産会社に売却活動を委ねる契約です。

専属専任媒介契約は、専任媒介契約に加え、自分で買主を見つけた場合でも不動産会社を通じて取引を行う必要があります。

5. マンションの売出価格を決定し、売却活動を開始する

マンションの査定結果と市場の動向を考慮して、適正な売出価格を決定します。

不動産会社は、インターネット広告やオープンハウスなどを通じて、積極的に売却活動を行います。

6. マンションの内覧対応と交渉

内覧時には、物件の清潔さや整理整頓が重要です。また、リフォームや設備の状態など、物件の魅力を伝えるポイントを把握しておくと良いでしょう。

売却価格の交渉では、市場価格や自分の最低希望価格を基準に、不動産会社と相談しながら進めます。

7. マンションの売買契約を結び、引き渡しを行う

マンションの売買契約では、契約内容や支払い条件などをしっかりと確認し、合意に至ったら契約を締結します。

引き渡し時には、残代金の受け取りと物件の鍵の引き渡しを行います。

8.確定申告をする

売却によって得た利益にはマンションの譲渡所得税がかかるため、翌年の確定申告で申告する必要があります。

税理士に相談することで、適切な申告を行うことができます。

これらのステップを踏むことで、マンション売却を成功させることができます。不動産会社との連携や、市場の動向に注意を払いながら、計画的に進めていきましょう。

マンションの売却に際しては、頼りになる不動産会社に加えて、司法書士などの専門家のアドバイスを受けることも重要です。

2.マンション売却におすすめの不動産会社一覧

今回、これから初めてマンション売却する方におすすめの不動産会社を紹介します。各社の強みや特徴、ネット査定の有無、売却事例などを詳しく紹介するのでご覧ください。

おすすめの不動産会社1.:三井不動産リアルティグループの「三井のリハウス

三井のリハウスは、32年間にわたり売買仲介件数全国No.1を誇る不動産会社で、マンション売却が得意な理由は、その豊富な実績と信頼性にあります

。顧客からの評判も良く、特に査定方法の丁寧さや、細かなニーズに合わせた提案が評価されています。

三井のリハウスを利用するメリットとしては、360°サポートが挙げられます。これは売り主、買い主双方に対して、取引前後の全面的なサポートを提供するものです。また、設備や建物の無償調査、売買成立後の補修費用負担など、安心して取引できるサポート体制が整っています。

三井のリハウスでお勧めの売却方法としては、三井のリハウスの専門性を活かし、適切な価格設定とプロモーションを行うことです。

専任のスタッフが宅地建物取引士として資格を持ち、販売戦略から契約までをしっかりサポートしてくれます。これにより、スムーズで納得のいく売却が期待できます。

不動産購入・中古、新築物件探し・不動産仲介は三井のリハウス

おすすめの不動産会社2. 東急不動産ホールディングス「東急リバブル

東急不動産ホールディングスの東急リバブルでは、独自の査定システムと豊富な顧客基盤を活かし、高値売却の可能性を高めます。

独自の査定システムとは、過去の取引事例や市場動向を分析し、適正価格を算出します。AI技術を活用した高精度な査定により、より精度の高い価格を算出します。
東急グループの総合企業ならではの豊富な顧客基盤を活用し、多くの買い手候補に物件を紹介できます。東急沿線にお住まいのファミリー層や投資家など、ターゲットに合わせた顧客へアプローチします。
マンション売却の事例としては、お客様の所有する築15年の中古マンションは、東急リバブルの査定で4,000万円と評価されました。しかし、東急リバブルは独自のマーケティング活動と顧客基盤を活用し、4,200万円という高値で売却することに成功しました。

宅地建物取引士などの専門スタッフが、売却活動の最初から最後まで丁寧にサポートします。

また東急リバブル独自のマーケティング活動やインターネットを活用した情報発信などにより、短期間で買主を見つけることができます。

インターネット: のSUUMOやathomeなどの主要な不動産ポータルサイトに物件情報を掲載し、幅広い層へアプローチします。

住み替えのご相談にも積極的に対応しています。

また住宅ローンの借り換えや諸経費の算出など、資金計画に関するアドバイスも行います。お客様のライフプランに合わせた最適な資金計画を立てます。

通常の仲介に加えて、買取やオークションなどの多様な売却方法に対応しています。

不動産の仲介・売買|東急リバブル

おすすめの不動産会社3. 住友不動産販売「すみふの仲介ステップ」

住友不動産販売の「すみふの仲介ステップ」は、住友不動産グループの一員として、全国約400拠点のネットワークを有しています。グループ全体で約300万人の顧客基盤を活用し、より多くの買主候補に物件情報を届けられます。

香港、上海、シンガポールなど、海外拠点も充実しており、外国人投資家へのアプローチも可能です。近年増加している外国人投資家にとっても魅力的な物件として、高値のマンション売却の可能性を高めます。
各地域の特性を熟知したスタッフが、地域に密着した営業活動を展開しています。地域密着型の営業活動により、地域住民へのアプローチを強化し、より多くの潜在顧客を発掘することができます。
すみふの仲介ステップは、独自の査定システムを導入しており、過去の取引データや周辺環境の情報などを基に、精度の高いマンションの価格査定を行います。

売却するマンションの査定は無料で行っており、お気軽にご相談できます。
すみふの仲介ステップでは、AT HOME、SUUMOなどの主要な不動産ポータルサイトをはじめ、GoogleYahoo!などの検索エンジンにも積極的に広告掲載しています。インターネット広告を活用することで、幅広い層に物件情報を届けられます。
また、マンションを売却する地域に密着したチラシや地域情報誌に物件情報を掲載し、地域住民へのアプローチを強化します。地域住民の中には、インターネットを利用していない方も多い ため、チラシや地域情報誌は有効な広告手段となります。

すみふの仲介ステップでマンション売却を利用したお客様を対象にアンケート調査を実施したとこほ、94.4%の高い顧客満足度を誇っています。

 不動産売買情報ならすみふの仲介ステップ(住友不動産販売)へ

おすすめの不動産会社4. SREホールディングス「SRE不動産」

SRE不動産は、AI技術を活用した独自の査定エンジンを開発し、膨大な取引データに基づいて物件の適正価格を算出します。これは、従来の机上査定とは異なり、より精度の高い価格設定が可能となるため、高値売却の可能性を高めます。

SRE不動産では、自社のみで販売活動を行うのではなく、数百社に及ぶ他の仲介会社にも物件情報を公開します。これにより、より多くの買主候補にアプローチすることができ、競争を促進することで、マンションの高値売却の実現に努めてくれています。

SRE不動産では、過去の成約事例を分析し、類似物件の売却価格を参考に、戦略的な価格設定を行います。単にAI査定エンジンの結果を鵜呑みにするのではなく、豊富な経験とノウハウに基づいて、より高値で売却できる価格を提案します。

例えば過去の成約事例から、同地域の築10年、3LDKのマンションの平均売却価格は5,000万円であることがわかった。
しかし、SRE不動産のAI査定エンジンでは、6,000万円という評価が出た。
そこで、SRE不動産の担当者は、周辺環境や物件の状態を考慮した上で、6,200万円という価格で販売することを提案した。
結果、6,150万円で売却することができ、お客様は当初の想定よりも150万円高く売却することができた。

SRE不動産では、売却活動の最初から最後まで、専任のエージェントがワンストップでサポートします。お客様のご希望や状況を丁寧にヒアリングし、最適な売却プランを提案します。また、物件調査、マンションの査定、価格設定、広告活動、買主との交渉、契約手続きまで、全てを任せられるので、忙しい方でも安心です。

マンション売却の進捗状況を定期的に報告し、お客様と密にコミュニケーションを取ります。毎週または隔週でメールや電話にて報告を行い、お客様からのご質問やご要望にも迅速に対応します。

また、独自のシステムで取引履歴を可視化し、お客様が常に状況を把握できるようにしています。

SRE不動産では、売却手数料を明確に提示し、お客様にご納得いただいた上で契約を締結します。

また、成功報酬のみで発生する手数料体系を採用しており、お客様にとって安心性の高いサービスを提供しています。

SRE不動産

おすすめ不動産会社5. 野村不動産ソリューションズ

野村不動産ソリューションズは、年間約1万件の住宅取引実績を誇り、豊富な顧客層と独自の販売網を活かして、高い成約率と短期間売却を実現しています。具体的には、成約率95%以上、平均売却期間45日以内という高い実績を誇り、お客様のご希望に沿ったスムーズな売却をサポートします。

AIとビッグデータを活用した高精度な 独自の査定システム「ノムコム査定」で、過去の取引データや周辺環境などを分析し、適正な価格設定を導き出します。過去には、類似物件の売却事例を分析し、相場よりも高値で売却に成功したケースも多数あります。

野村不動産グループの総合力を使って、マンション売却やリフォーム、リノベーションなど、様々なサービスを提供することで、お客様のニーズに合わせた最適な売却プランを提案します。

例えば、売却益を活用して新築マンションを購入したいお客様に対して、住宅ローンの審査や資金計画のアドバイスを行い、スムーズな購入をサポートした実績があります。

また相続で取得したマンションを売却する際、複雑な法的手続きや税務計算に悩むお客様に対して、専門家の協力を得ながらスムーズな売却をサポートした実績があります。

野村不動産ソリューションズ

おすすめの不動産一括査定サイト1.イエウール

イエウールは、2,500社以上の優良不動産会社から最大6社を厳選し、無料で一括査定依頼できる不動産売却サイトです。2023年には年間20万件の売却をサポートしており、顧客満足度97.2%の実績を誇ります。

イエウールでマンション売却するメリットは、複数の不動産会社から査定を受けることで、より高い査定価格を引き出すことができます。

過去には、イエウールを通じて築15年の中古マンションが希望価格よりも100万円高く売却された事例もあります。
イエウールでは、独自のAI査定システムを活用し、物件の潜在的な価値を自動的に分析します。このシステムにより、従来の査定では見逃しがちなポイントも評価されるため、より高額な査定価格につながります。

物件種別やエリア、希望条件などを細かく設定することで、条件に合った不動産会社を自動的に選定してくれます。

各社からの査定結果は、イエウールのマイページで一括比較することができます。
査定価格だけでなく、仲介手数料やサービス内容、担当者の実績なども比較できるため、より条件に合った会社を選ぶことができます。

マンションの査定依頼はもちろん、不動産会社の紹介や売却活動のサポートまで、一切費用がかかりません。
他の不動産一括査定サイトでは、成功報酬やオプション料金が発生する場合がありますが、イエウールであれば一切追加料金の心配はありません。

不動産一括査定・売却なら「イエウール(家を売る)」

おすすめの不動産一括査定サイト2.HOME4U

HOME4Uは、NTTデータグループが運営する不動産一括査定サイトです。最大6社まで同時に査定依頼が可能で、2,300社を超える優良企業と提携しているため、あなたに最適な不動産会社を見つけられます。 それぞれの会社から提示されたマンション査定価格を比較することで、より高値で売却できます。

HOME4Uは、独自のシステムとネットワークを活用することで、スピーディーな売却を実現します。査定依頼から成約まで最短2週間という実績もあり、短期間で売却したい方におすすめです。実際に、HOME4Uを利用した売却では、1ヶ月以内に成約に至ったケースが全体の7割以上を占めています。

HOME4Uでは、仲介手数料の割引サービスを提供しています。

仲介手数料は、売却価格の3%+6万円(非課税)が上限となるため、高額な物件ほど負担が大きくなります。HOME4Uの割引サービスを利用することで、この仲介手数料を最大で半額まで割引することができます。

また、地域に精通したスタッフが、周辺の類似物件の売却事例や、現在の市場動向などを踏まえたアドバイスを提供します。

不動産売買・不動産情報ならHOME4U

おすすめの不動産一括査定サイト3.オウチーノ

オウチーノは、全国2,100社以上の不動産会社と提携し、無料で複数社からの査定依頼ができる不動産売却サイトです。2013年から運営されており、累計成約数は10万件以上と実績も豊富です。

オウチーノでは、最大10社の不動産会社から査定依頼をすることができます。複数の査定結果を比較することで、より高値で売却できる可能性が高くなります。

オウチーノには、マンション売却活動を一括で任せられる「おまかせプラン」があります。 このプランでは、価格査定から買主との交渉まで、すべての売却活動を専門スタッフが代行します。 忙しくて時間がない方や、自分で売却するのが不安な方におすすめのプランです。

https://o-uccino.com/front/

おすすめの不動産一括査定サイト4.SUUMO

SUUMOには、全国約400万件の豊富な物件情報に加え、SUUMO独自のビッグデータに基づいた「SUUMOアドレス」のAI査定や、過去7年間の成約事例を網羅した「価格相場指数」など、他社にはない質の高い情報が揃っています。
SUUMOでは、マンション売却を検討しているマンションの所在地や築年数、広さなどの条件を入力して、周辺の取引事例や成約価格を比較してみましょう。
「SUUMOアドレス」のAI査定ツールを活用して、無料で簡易査定を取得し、相場感をつかみましょう。
定期的に「価格相場指数」をチェックすることで、市場動向を把握し、適切な売却時期を判断することができます。
SUUMOの「あんしん売却一括査定」を使えば、最大6社の仲介会社から同時に査定依頼でき、それぞれの特徴や強みを比較検討できます。
SUUMOの売却コンシェルジュは、豊富な経験と専門知識に基づいて、マンション売却活動のあらゆる段階でサポートを受けられます。
マンションの売却価格の決定や売却活動、買主との交渉、契約手続きなど、疑問点や不安な点があれば、何でも相談することができます。
また、売却活動中に発生するトラブルに対しても、迅速かつ丁寧に対応してくれるので安心です。
SUUMOは、月間約1億人が訪れる不動産情報サイトであり、SUUMO売却物件ページには、高画質な写真や360度VR内覧、動画コンテンツなどを掲載できます。
これらの強力な集客力により、短期間で多くの買主候補を獲得し、希望に合致する買主を見つけることができます。

【SUUMO】東京都の不動産売却(マンション・一戸建て・土地・家)の無料一括査定

インターネット上で不動産売買ができるサイト1.LIFULL HOME’S

LIFULL HOME'Sでは、最大6社まで同時に査定依頼が可能。それぞれの会社の査定価格や提案内容を比較検討することで、自社にとって最も条件の良い業者を選ぶことができます。

経験豊富なLIFULL HOME'S加盟店から、自社のマンションに精通した担当者を紹介してもらえます。
マンション査定依頼時に、希望条件やこだわりを伝えることで、より的確な提案を受けることができます。
複数の業者から提案をもらうことで、競争原理が働き、より良い条件での売却を目指せます。

個人情報を公開せずに、物件情報のみで簡易査定が行える匿名査定機能も魅力です。複数の業者から査定結果をもらうことで、相場を知り、売却価格の目安を立てることができます。

LIFULL HOME'Sには、全国3万社以上の不動産会社が加盟しており、希望条件に合致する買い手を見つけやすい環境が整っています。SUUMOやHOME'Sなどの主要ポータルサイトにも同時掲載されるため、より多くの買主候補にアプローチできます。

https://www.homes.co.jp/about/concept/

インターネット上で不動産売買ができるサイト2.アットホーム

アットホームは、月間約4,000万人のユーザーに閲覧される、日本最大級の不動産情報サイトで、年間約1億2,000万件の閲覧数を誇ります。
SUUMOやホームズなどの提携サイトにも掲載されるため、さらなる集客効果が期待できます。
独自のAI内覧予約システムにより、24時間365日内覧予約を受け付け、買主候補の利便性を高め、内覧率アップを実現します。

近年人気が高まっているタワーマンション売却においても、タワーマンションに特化した豊富な「タワマンナビ」と専門スタッフによるサポートによって、高層階や複雑な設備を持つタワーマンションの特性を活かした、効果的な売却活動を実現します。
タワマンに精通した不動産会社が、専任でサポートいたしますので、タワーマンション売却に関する不安や疑問も解消できます。

アットホームは、圧倒的な集客力、タワーマンション売却への特化、経験豊富な不動産会社によるサポートなど、マンション売却を成功に導くための様々なメリットを提供しています。

https://www.athome.co.jp/smt/assess/

インターネット上で不動産売買ができるサイト3.goo不動産

goo不動産独自の「HOME4U」システムは、全国約1万社の不動産会社に物件情報を配信し、幅広い買主候補にアプローチします。過去90万件以上の成約実績に基づいた、高い成約率とスピーディーな売却を実現します。

2023年3月期におけるHOME4Uシステムの成約率は84.2%と、業界平均を大きく上回っています。
AI技術を活用した査定システムで、 AI査定と専門家による査定を組み合わせることで、より精度の高い査定を実現し、客観的な市場価値に基づいた適正価格を提示します。

独自のサービスでマンション売却活動を強力にサポートしていて、360度VR内覧で遠隔地からの買主候補でも、物件を疑似体験することができます。
またオンラインマンション査定ができて、自宅にいながら手軽に査定依頼が可能です。

goo不動産 売却:

https://house.goo.ne.jp/sp/sell/

以上がマンション売却が得意なおすすめの不動産会社です。

続いて高額でマンション売却する方法を紹介します。

この他にも福岡県の北九州市でマンション売却を高くするおすすめの業者を知りたい方は、こちらをクリックしてください。北九州市でマンション売却を高くするおすすめの業者を紹介

愛知県の岡崎市で高くマンション売却できる業者を探している人は、こちらのページをご覧ください。岡崎市でマンション売却を高くするおすすめの業者を紹

3. マンションを高値で売却する方法とは?

マンションを高値で売却するには、複数の不動産会社に査定を依頼し、適切な価格設定と戦略的な売却活動を行うことが重要です。さらに、物件の状態を把握し、購入層に合わせたアプローチを行うことで、より高値での売却が期待できます。

適切な価格設定でマンションを売る

マンションを高く売却するには、適正価格でマンションを売却する必要があります。

具体的にはまずレインズや不動産会社のサイトだけでなく、国土交通省の「土地総合情報システム(ちまちま)」や「マンション総合情報システム(マンションちまちま)」などの公的な情報も活用して、マンション売却価格を決めます。
条件を絞り込むだけでなく、周辺環境や取引時期なども考慮して、より精度の高い分析を行い、過去の成約価格だけでなく、売却期間やオプションなども分析し、より実態に近い価格を把握してくだ。
例えば、築10年、70㎡の2LDKマンションの場合、過去2年間の成約価格は3500万円~4000万円だったが、駅徒歩5分以内の物件は3800万円以上で売却されていて、リフォーム済みの物件は4000万円以上で売却されていた。
といったように、色々な条件で調べてください。

そして、できたら不動産会社の人を使って、新築マンションの建設予定や、商業施設のオープン情報だけでなく、都市計画や交通インフラ整備などの情報も収集してください。

不動産会社に話を聞く場合はわ大手不動産会社だけでなく、地域密着型の不動産会社や個人事業主の不動産会社も聞いてください。
そしてできるだ。複数の不動産会社から査定を受けることで、より客観的なマンションの売却価格を知ることができる。

売れるようにマンション売却をする

売却するマンションの希望者に対し、多角的なマーケティングを駆使して、幅広い買主に確実にアプローチをして、早期にマンション売却を実現いたします。

一番お勧めなのが、複数の主要不動産ポータルサイトに物件情報を掲載し、幅広い層への露出する事です。
また、FacebookInstagramなどのSNS広告を活用し、ターゲット層を絞り込んだ情報発信を行います。
更に物件の魅力を伝える動画コンテンツを作成し、YouTubeやその他の動画配信プラットフォームで配信します。
地域住民への認知度を高めるために、新聞広告を活用したり、買主に合わせたデザインと内容の折込チラシを作成し、配布します。
また売却するマンションの周辺住民への個別アプローチとして、ポスティングを実施します。
また購入候補者一人ひとりに、不動産会社が丁寧に物件を案内することで、購入意欲を高めることができます。
大手の店舗がある不動産業者と連携し、幅広い販路を確保します。

さらに、αポイントとして、VR内覧やオンライン相談などの最新のデジタル技術を活用することで、より多くの購入候補者に物件情報を届けることも有効です。

そして、できるだけ一社だけの専任媒介契約による集中サポートを受けるように、不動産会社と契約をしてください。

この他にも売却前にリフォームを行うのもお勧めです。

不動産会社の選び方に注意する

マンション売却を成功させるためには、「3つの視点」と「5つのポイント」を軸に、4~6社の不動産会社を選ぶことが重要です。

やはり、実績と信頼性が不動産会社を選ぶにはとても重要です。

できたら、過去に類似条件のマンションを成功させている実績豊富な会社を選んで、具体的には、同じエリアの同築年の同規模のマンションの販売実績を比較しましょう。
会社のホームページやパンフレットなどで実績資料を確認できます。
また、宅地建物取引士の資格保有者数や、顧客満足度調査の結果なども参考にしてください。
国家資格である宅地建物取引士の保有率が高い会社は、法令遵守や倫理観に優れていると言えます。
そして、売却する予定のマンションの所在地に精通している会社を選びましょう。
担当者が地元の事情に詳しく、周辺環境や市場動向を的確に把握していることが重要です。
できたら、マンション売却に特化している会社は、より深い知識と経験を持っています。
マンション売却のノウハウや最新の情報を熟知しているため、より有利な条件で売却できる可能性が高くなります。
そして、親身に相談に乗ってくれる誠実な担当者を選びましょう。
実際に面談をして、担当者の人柄や熱意を感じ取ることが大切です。

最後に 査定額の根拠が明確で納得できるものであることが重要です。

複数の会社から査定額を取得し、根拠を詳しく説明してくれる会社を選びましょう。
査定額は、机上の計算だけでなく、過去の取引事例や市場動向に基づいていることを確認しましょう。
査定額だけでなく、根拠となる資料や具体的な説明を求めましょう。
そして同時に各社の 仲介手数料を比較し、納得できる水準であることを確認しましょう。会社によって手数料体系が異なるため、複数の会社を比較検討しましょう。
成功報酬型や固定報酬型など、様々な手数料体系があります。
成功報酬型とは、売却が成功した場合のみ手数料が発生する仕組みです。
売却が不成立した場合には手数料が発生しないため、リスクを抑えることができます。
ただし、成功報酬が高めに設定されている場合が多いです。
固定報酬型とは、売却が成功不成功に関わらず一定の手数料が発生する仕組みです。
売却が不成立した場合でも支払う必要があります。

またできるだけ具体的な販売計画を提案してくれる会社を選びましょう。販売計画には、販売方法、広告活動、顧客へのアプローチなどが含まれます。
自社の強みを活かした独自の販売戦略を持っている会社を選びましょう。
販売計画は書面で提示してもらい、内容をしっかりと確認しましょう。
そして、インターネット広告、チラシ配布、オープンハウス開催など、様々な広告活動を積極的に行ってくれる会社を選びましょう。自社のホームページやSNSを活用したデジタルマーケティングにも力を入れている会社を選びましょう。
広告活動の効果を定期的に報告してくれる会社を選びましょう。

マンション売却を成功させるためには、慎重にそして積極的に不動産会社を選ぶことが重要です。

もし、マンション売却で不動産会社選びに迷ったら宅地建物取引士に相談したり、消費者庁の「不動産会社選びのポイント」などの資料を参考にしたりするのも有効です。

ここで手を抜くと、あとで失敗するので、時間をかけてじっくり選んで決めてください。

高値でマンション売却した事例1:築20年の中古マンション

所在地:東京都世田谷区

面積:70㎡

築年数:20年

リフォーム:なし
売却価格:5,000万円

この物件は、駅近で日当たり良好、広々としたリビングなど、多くの魅力がありました。しかし、築年数が20年と経過していたため、売却価格は低めに設定されました。

しかし、担当者が積極的に販売活動を行い、内覧会やオープンハウスを開催した結果、複数の購入希望者から申し込みを受け、最終的には市場よりも500万円高い5,000万円で売却することができました。

高値でマンション売却した事例2:リノベーション済みのマンション

所在地:神奈川県横浜市

面積:60㎡

築年数:15年

リフォーム:リノベーション済み
売却価格:4,500万円

この物件は、築年数が15年と古いマンションでしかが、売却前にリノベーション済みで内装が非常に綺麗でした。そのため、築年数の割には高値で売却することができました。

高値でマンション売却した事例3:築20年以上のファミリー向けマンション

築20年以上のファミリー向けマンション立地:駅近、

商業施設充実

間取り:3LDK

面積:80㎡

売却価格:4,500万円

ポイント:

  • 複数の不動産会社に査定を依頼し、競争を促した
  • ホームインスペクションを実施し、建物の状態を明確にした
  • リフォームで設備を更新、内装をトレンドに合わせた
  • 購入層をファミリー層と明確化し、子育て支援施設の充実をアピール
  • インターネット広告、チラシ配布、オープンハウスなど、多様な広告媒体を活用
  • 早めの準備市場動向を把握し、売却時期を検討
  • 情報収集周辺環境、競合物件、売却相場等を調査

このようにテクニックを使えば、どんなに古いマンションでも場合によっては高値で売却することがでにます。

できるだけ信頼できて、積極的にマンションの売却活動をしてくれる不動産会社の選んで、ぜひ高値でマンション売却をしてください。

4.マンション売却する際の注意点とは?

最後にマンション売却を成功させるために、必要で知っておいた方が良い注意点を、実際にあったマンション売却事例を基に、失敗を防ぐための7つの注意点を詳しく説明し します。

マンション売却の注意点1. 相場より高い価格設定は売れ残りリスクがありNG!

売却する物件の情報は、築15年、3LDK、駅徒歩10分、査定価格は3200万円だったにもかかわらず、売主は3500万円で売り出し価格を設定。しかし結果としては、6ヶ月間も売れ残り、価格を下げてようやく売却に至りました。

この事例からの教訓としては、相場より高い価格設定は、買い手に敬遠され、売れ残りリスクが高くなります。

必ず複数の会社に売却するマンションの査定を依頼することで、相場を知り、適正なマンションの売却価格を設定できます。

マンション売却業者A社:3,000万円

マンション売却業者B社:3,500万円

マンション売却業者C社:3,200万円

このように、不動産会社によってはマンションの査定額は300万円もの差があります。

立地条件や築年数、修繕履歴などを考慮した上で不動産会社と相談し、適切な売却価格を設定するのが重要です。

マンション売却の注意点2. 瑕疵隠しは絶対NG!トラブルに発展する可能性大

この事例は、雨漏れの事実を隠してマンションを売却し、購入後に発覚し、訴訟に発展した事例です。

売主は雨漏れの事実を隠して売却しましたが、購入後にそれが発覚し、買主から訴訟を起こされ、結果的には売主が負けて、多額の損害賠償金を支払うことになりました。

このように瑕疵の部分を隠してのマンション売却は違法であり、民事上の責任を負います。

雨漏れ、シロアリ被害、構造上の欠陥など、すべての瑕疵を必ず事前に申告する必要があります。

修繕履歴などの書類を準備し、透明性の高い取引を心がけるのがポイントです。

マンション売却の注意点3. 媒介契約の種類を理解!自分に合った売却方法を選ぶ

不動産会社と売却するマンションについて、専任媒介契約を選択したのに、結局は売却活動が思うように売却活動が進みませんでした。

マンション売却の契約形態には、専任媒介契約、専属専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

それぞれの方法の特徴

一般媒介契約:複数の不動産会社に同時に依頼できる

専任媒介契約:1つの不動産会社にのみ依頼する

専属専任媒介契約:1つの不動産会社にのみ依頼し、一定期間内に売却できなかった場合は、他の会社にも依頼できる

それぞれの契約内容や特徴を理解して、自身の状況に合ったものを選びのがおすすめです。

必ず何度も言っているように、複数の不動産会社を比較して、担当者との相性も考慮して媒介契約を結ぶすことが重要です。

マンション売却の注意点4. 内覧の準備を怠らない!好印象を与えて早期売却する

売却するマンションの内覧前に掃除をせず、購入者に悪い印象を与えてしまい、売却に時間がかかりました。

売却するマンションの内覧前にはできるだけ綺麗に部屋の掃除を行い、清潔感のある空間を演出してください。

家具や小物は最小限に抑え、広々とした印象を与えるのもコツです。

修繕が必要な箇所があれば、事前に修繕するのがおすすめです。

マンション売却の注意点5. 契約書の内容をしっかり確認!後でトラブルにならないようにする

事前に契約書の内容を理解せずに署名し、希望売却金額よりも低い価格で売却することになってしまいました。

契約書の内容は専門用語が多く、理解するのが難しい場合がありますが、できたら不明点は必ず不動産会社に質問し、納得してから署名するのがおすすめです。

契約書には、売却価格、手数料、引き渡し時期など、重要な情報が記載されています。内容をよく理解してから署名・捺印しましょう。

契約内容の確認ポイント

  • 売却価格
  • 手数料
  • 引き渡し時期
  • 違約金
  • 修繕費等の負担

必要であれば、弁護士に相談することもおすすめします。

マンション売却の注意点6. 諸費用を事前に把握!手元に残る資金を把握する

諸費用を考慮せずに売却価格を設定し、手元に残る資金が少なかったことに売主はとても驚きました。

マンションの売却価格だけでなく、諸費用もあらかじめ計算してから資金計画を立てましょう。

諸費用には、不動産会社への手数料、税金、登記費用などがあります。

不動産会社に事前に諸費用の見積もりを取ることがおすすめです。

マンション売却の注意点7. 住宅ローンが残っている場合の注意点!完済できるか確認する

マンションの売却価格で住宅ローンを完済できないことが判明し、売主は慌てて追加資金を調達しなければならなくなりました。

売却前に住宅ローンの残高と売却価格を比較し、完済できるかどうか確認してください。

完済できない場合は、差額を自己資金で補うか、借り換えを検討する必要があります。

金利上昇などのリスクも考慮し、早めに計画を立てることが重要です。

マンション売却の注意点8. 修繕費や管理費などの支出を把握する

マンションの売却価格を決める際には、修繕費や管理費などの支出も考慮する必要があります。これらの支出を把握していないと、思わぬ損失を被る可能性があります。

支出の把握方法

  • 管理会社から発行される書類を確認する
  • 修繕計画を確認する
  • 大規模修繕履歴を確認する

その他のマンション売却時の注意点

  • 近年、高齢者向けのマンション売却詐欺が増えています。高額な査定額を提示したり、すぐに契約を迫ったりするような業者は注意が必要です。
  • 売却前にリフォームを行うことで、売却価格が上がる場合があります。ただし、必ずしも費用に見合う効果が得られるとは限らないため、事前に専門家に相談しましょう。
  • 相続したマンションを売却する場合、相続税がかかる場合があります。事前に税務署に相談することをおすすめします.

以上のように、マンション売却は初めての人にはとても複雑な手続きが伴い、様々な注意点があります。

必ず今回紹介した8つの注意点を参考に、事前にわかならいところがあったら、このページを使って不動産会社の担当者にどんどん質問して、スムーズなマンション売却を実現してください。

千葉県の千葉市でマンション売却をする人は、こちらのページをご覧ください。千葉市でマンション売却を高くするおすすめの業者を紹介