マンション売却のやり方完全ガイド!失敗しないための7つのステップと最新情報

マンション売却の準備と必要な情報収集のやり方

初めてでもスムーズにマンション売却を進めるためのステップバイステップガイドと、必要な情報収集のやり方について詳しく説明します。

ステップ1:マンションの売却時期を決める

マンション売却のベストタイミングは、新生活スタート前の2~3月は需要が高く、高値で売却されやすいてます。

具体的に2月は、新生活に向けて動き始める人が増え、動きが活発化します。
3月も転校や新入学など、新生活の準備が本格化します。
しかし、例年の傾向として1月は年末年始の休み明けで買い控え傾向があり、8月は夏休みで動きが鈍るため、売却時期としては避けたいと言われています。

また、所有期間も、売却価格に影響する重要な要素です。 所有期間が5年を超えると、譲渡所得税が長期譲渡所得となり、所得税率が大幅に軽減されます。そのため、所有期間5年以上経過してから売却するのがおすすめです。

具体的には、所有期間5年未満だと短期譲渡所得となり、所得税率が45%と高くなります。
逆に所有期間5年以上だと長期譲渡所得となり、所得税率が最大20%まで軽減されます。
ただし、譲渡所得税は、所得金額によって税率が変わるため、詳細は税理士に相談することをおすすめします。

またマンションの状態も、売却価格に影響します。 特に、大規模修繕後やリフォーム後は、買主にとって安心感があり、高値売却しやすいと言われています。

大規模修繕とは、外壁塗装、エレベーター改修、耐震補強などで、建物の維持管理状況が良好であることを示します。
また、キッチン、浴室、トイレなどの水回りを中心に、リフォームをされると高く売れますが、その分リフォーム費用が高額になりすぎると、売却価格に反映されない場合もあるため、事前に検討しておくことが大切です。

マンション売却は、これらのポイントを踏まえ、計画的に準備を進めましょう。

ステップ2.マンションの売却時期を不動産会社の人と相談して決める

マンションを高値で売却できる時期についてですが、新生活シーズンである2~3月は、マンション売却のベストシーズンです。

この時期は、新学期や新年度に合わせて、多くの人が住み替えを検討するため、購入希望者が最も多くなります。具体的には、2月中旬から3月下旬が最も売却しやすい時期と言われています。

しかし、1月は売却活動が低調になる傾向があります。これは、年末年始の休み明けで、多くの人がまだ新しい生活に慣れず、住み替えを検討する余裕がないためと考えられます。

また、8月は夏休み期間のため、家族旅行や帰省などで家探しを控える人が多いため、売却活動が鈍くなります。

築年数でいうと築5年以内、特に築2~3年のマンションは、新築に近い状態であり、購入希望者から人気が高いため、高値で売却しやすい傾向があります。

築6~10年のマンションも、まだ比較的新しい部類に入り、需要があるため、高値売却の可能性があります。

一方、築11年~20年になると、設備の老朽化が目立ち始め、購入希望者が敬遠する傾向が出てきます。

そのため、売却価格が下落し始めます。築20年以上になると、さらに売却価格が下落し、築30年以上になると、買い手を見つけるのが難しくなる場合があります。

その他の売却時期の目安とては、築10年~15年頃のマンションに実施される大規模修繕後も、マンションの価値が向上し、高値売却できる可能性があります。

ただし、大規模修繕費用が高額になる場合があるため、注意が必要です。

都心部と地方では、マンションの売却時期に違いがあります。

都心部は、常に購入希望者が多いため、季節による需要の変化の影響を受けにくい傾向があります。ただし、築年数の影響は大きく、築5年以内であれば高値売却の可能性が高いです。
地方は、季節による需要の変化の影響を受けやすい傾向があります。2~3月の新生活シーズンは売却しやすい時期ですが、1月や8月は売却活動が低調になります。また、築年数の影響も大きく、築10年以上経過すると売却価格が下落する可能性が高くなります。

マンションを高値で売却するためには、季節による需要の変化、築年数、金利、経済状況、競合物件、エリアなどの様々な要素を考慮する必要があります。

これらの要素を総合的に判断し、最適な売却時期を決めることが重要です。

ステップ3.マンション売却に必要な情報を収集する

マンションの売却時期が決まったら、積極的に情報収集を行いましょう。情報収集には、以下の方法があります。

1. インターネットで情報収集

不動産会社のホームページを使って、各社のサービス内容や実績を比較検討する。

地域に特化した情報を得ることができるマンション売却に関するブログや記事、最新の市場動向や売却のノウハウを知ることができる。

具体的な事例を参考に、自身の状況に照らし合わせることができる。過去の成約事例を参考に、実際の売却価格や取引条件を確認でき、相場を知る参考になる。

2. 直接、不動産会社に相談する

複数の不動産会社に相談し、比較検討する。もちろん不動産会社の担当者の対応や提案内容を比較する。

売却するマンションについて、複数の見積もりを取ることで、より良い条件で売却できる可能性が高くなる。

また過去にマンションを売却した経験のある知人に話を聞いて、具体的なアドバイスや情報を得ることができる。

3. 専門家に相談

税理士や弁護士を使うことで、譲渡所得税などの税金に関する相談ができるし、売買契約書などの法的な書類に関する相談ができる。

情報収集のポイント

  • 複数の情報源から情報収集する:偏った情報に惑わされないようにするため
  • 最新の情報を確認する:市場動向や法令改正などを把握するため
  • 分からないことは積極的に質問する:不安を解消し、よりスムーズに売却を進めるため

ステップ4.売却するマンションの査定を実施する

マンション売却に関する情報収集をある程度進めたら、複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。査定は、机上査定、訪問査定、匿名査定など、いくつかの種類があります。

それぞれの査定方法の特徴は以下の通りです。

机上査定は物件の情報に基づいて、簡易的な査定を行う。費用は無料。

訪問査定は実際に物件を見て、より詳細な査定を行う。費用は数千円~数万円程度。

匿名査定は個人情報を公開せずに、複数の不動産会社から査定を受けることができる。費用は無料または数千円程度。

複数の査定結果を比較し、最も信頼できる査定結果を参考にしましょう。

売却するマンションの査定の際に確認すべきポイントは、机上査定なのか、訪問査定なのかを確認する。

またなぜそのような査定額になって、それがどのように算出されたのか、根拠を確認する。

そしえ、周辺の成約事例などを参考に、査定額が妥当かどうか判断し、マンションの売却活動の具体的なプランや、仲介手数料の見積もりなどを確認する。

ステップ5.マンション売却の契約を実施する

売却するマンションの査定結果と、売却のやり方の提案内容を比較検討し、信頼できる不動産会社を選びましょう。不動産会社選びのポイントは、次の通りです。

  • 実績:過去の成約事例や顧客満足度などを確認する。
  • 担当者の対応:親切で丁寧な対応をしてくれるかどうかを確認する。
  • 仲介手数料:複数の不動産会社の仲介手数料を比較検討する。
  • アフターフォロー:売却後も、必要なサポートをしてくれるかどうかを確認する。

これらを確認して、あなたがこれからマンション売却を任せる不動産業者を探しましょう。

不動産会社が決まったら、媒介契約を締結します。媒介契約には、専属専任媒介、専任媒介、一般媒介などがあります。

媒介契約の内容をしっかりと確認し、 仲介手数料や売却活動の期間など納得してから締結しましょう。

ステップ6.マンションの売却活動を実施する

不動産会社と媒介契約を締結したら、不動産会社が売却活動を行います。 不動産会社の売却活動には、下記の内容が含まれます。

  • 物件情報の登録:不動産ポータルサイトなどに物件情報を登録する。
  • 内覧会の開催:購入希望者を物件に案内する。
  • 価格交渉:買主と売主の間で価格交渉を行う。

基本的にマンションの売却活動は、不動産会社に任せることができますが、売主自身も積極的に協力することが大切です。具体的には、以下の点に注意しましょう。

  • 売却するマンションの物件を清潔に保つ
  • マンションの内覧時には、明るく開放的な印象を与える
  • 買主からの質問には丁寧に答える

ステップ7.マンションの売買契約の締結する

買主が見つかったら、マンションの売買契約を締結します。マンションの売買契約には、以下の内容が記載されます。

  • 物件の引き渡し時期
  • 売買代金
  • 支払い方法

売買契約の内容をしっかりと確認し、納得してから締結しましょう。

ステップ8.マンションの引渡しと決済を実施する

マンションの売買契約を締結したら、決済と引渡しを行います。

決済では売買代金を支払い、所有権を移転します。引渡しでは物件を買い主に引き渡す。

決済と引渡しは、司法書士などの専門家に立ち会ってもらうことをおすすめします。

ステップ9.マンションの売却益を確定申告する

マンションを売却すると、譲渡所得税などの税金がかかります。マンションの売却後3ヶ月以内に、確定申告を行いましょう。

譲渡所得税の計算式

譲渡所得税 = (譲渡価額 - 取得価額 - 必要経費) × 30% + 3万円

  • 譲渡価額:売却したときの価格
  • 取得価額:購入したときの価格
  • 必要経費:売却にかかった費用

マンション売却時の譲渡所得税の特例として、 300万円の特別控除と 500万円の譲渡所得税非課税があります。

 300万円の特別控除とはマイホームを売却した場合に適用できる節税対策で、500万円の譲渡所得税非課税とは一定の条件を満たせば、譲渡所得税が非課税になる特例です。

確定申告は、税理士に依頼することをおすすめします。

マンション売却は、ご紹介したステップに沿って計画的に進めることが重要です。情報収集をしっかりと行い、信頼できる不動産会社を選ぶことで、スムーズに売却を進めることができます。

紹介した方法以外にも、マンション売却には様々な注意点があります。

必ずマンション売却を依頼する不動産会社や、マンション売却が得意な税理士や司法書士に相談するのがおすすめです。

マンションを高値で売却するポイント

売却前にリフォームを行うことで、売却価格を上げられる可能性があります。

 ホームインスペクションを実施することで、物件の隠れた瑕疵を事前に発見することができます。

相続登記が必要な場合は、早めに手続きをしておきましょう。

マンション売却は、人生の中でも大きなイベントの一つです。事前にしっかりと準備をすることで、スムーズな売却を実現することができます。

今回の記事で紹介した内容を参考に、情報収集を進め、信頼できる不動産会社と協力して、満足できる売却を実現してください。

不動産会社に売却するマンションの査定を依頼する

マンション査定を成功させるためには、3つのステップを意識することが重要です。

まず、複数の不動産会社に依頼し、机上査定と訪問査定を組み合わせます。
そして、マンション査定前に物件情報を整理し、修繕履歴や周辺環境を把握してます。
最後にマンションの査定結果を分析し、希望売却価格を設定します。

ではそれぞれ説明します。

複数の不動産会社に依頼し、机上査定と訪問査定を組み合わせるとは、経験豊富な地元の不動産会社:を探します。

できるだけマンション売却実績が多い会社を選んでください。なぜなら、マンション売却ノウハウが豊富で、スムーズな売却をサポートしてくれます。
そして複数の異なる不動産会社に売却するマンションの査定を受けることで、より客観的な価格を導き出すことができます。

マンション査定の依頼方法

マンションの査定は手軽に依頼できますが、複数の会社に依頼する場合は、時間を効率的に使うために、Webサイトでの一括依頼がおすすめです。
また、WEBサイトを使うと24時間365日、いつでも依頼できます。
そしてでから、机上査定と訪問査定を組み合わせてください。

机上査定のメリットは、短時間で依頼・査定が可能、複数の会社に依頼しやすいことです。
逆にデメリットは、簡易的な査定額のため、参考程度に捉えることです。

訪問査定のメリットは、より精度の高い査定額を得られる、物件の状態や周辺環境を詳細に把握できる、担当者と直接相談できます。
デメリットとしては、時間と手間がかかるです。

まずは、3社の机上査定を依頼し、相場を把握します。
その後、2社を選んで訪問査定を行い、より詳細な査定額を得るのがお勧めです。

3社の査定額を比較し、それぞれの査定士の説明を聞き、納得できる価格を提示している会社を選びます。

査定前にマンション情報を整理する

マンションの査定を受ける上で、先に準備しておくと良いものは次のものです。

  • 物件情報: 住所、広さ、間取り、築年数など
  • 法的な書類: 登記簿謄本、固定資産税評価証明書など
  • 修繕履歴: 大規模修繕の時期、内容、その他の修繕履歴など
  • 管理関係書類: 管理規約、修繕計画など
  • 周辺環境情報: 駅からの距離、周辺施設、治安など

これらをできたら100円均一で売っているファイル買って、上記の書類を整理しておきます。特に修繕履歴は重要です。過去の請求書や領収書、できたら管理組合からの資料などを参考にまとめます。

マンション査定結果から希望売却価格を決める

不動産会社のマンション査定額を比較して、査定額が低い場合は、その理由を聞き、納得できる説明がない場合は、他の会社に再査定を依頼します。

そして、マンションの査定結果を参考に、希望売却価格を設定します。

希望売却価格は、市場価格と照らし合わせ、現実的な価格であることを確認します。

マンションの査定はあくまでも目安であり、実際の売却価格は異なる可能性があることを理解しておく。マンション売却の市場動向や周辺物件の成約事例などを参考に、適正なマンションの売却価格を検討しましょう。査定結果に納得できない場合は、他の会社に再査定を依頼することもできます。

売却するマンションの価格を決定する

マンションの売却価格は、様々な要素を総合的に考慮して決定されます。立地条件、築年数、広さ、間取り、設備、修繕履歴に加え、市場動向、経済状況、競合物件なども影響します。

初めてのご マンション売却で、失敗しないマンション売却の価格決めのやり方を教えます。

マンション売却価格を決める前にやること

まず、ご自身の希望条件を明確にしましょう。

マンションの売却はいつまでにすればいいのか?例えば3ヶ月以内にマンションを売却したい、子供の入学までにマンション売却したい、転勤が決まったので早めに売却したいなどです。
また、マンション売却の希望価格も決めておく必要があります。いくらくらいで売りたいですか?
例えばマンションの査定価格より10%高く売りたいとか、ローン残債を完済したいので〇〇万円以上で売りたいなどです。
そして、複数の不動産会社に査定を依頼しましょう。最低でも3社程度がおすすめです。

マンションの査定は基本的には無料です。
査定士は、過去の取引事例や市場動向に基づいて、客観的な価格評価を行います。
マンションの査定結果をもとに、信頼できる不動産会社を選びましょう

マンション売却価格の決め方

マンションの査定結果を参考に、次の要素を考えてマンション売却価格を決めていきます。

マンションの立地条件。

売却するマンションが駅からのどのぐらい離れたとこほにあるのか?

最寄り駅から徒歩5分以内、10分以内、15分以内など、具体的な距離を示しながら、売却するマンションの周辺環境として、商業施設、学校、病院、公園などの有無や、治安なども考慮して決めてください。
また、売却するマンションの日当たり、景色、騒音なども考慮して決めます。

しかし、マンションの売却価格の中で、一番大きな価格の決定要件がマンションの築年数です。

新築なのか築1年以内なのか、築2年以内など、具体的な築年数でをしっかり出してください。

そして売却するマンションの実際の専有面積だけでなく、バルコニーやロッジアなどの面積も考慮しましょう。

間取りもファンションの査定金額に大きく影響します。 LDKが広い、収納が多い、角部屋など、人気の高い間取りは売却価格が高くなる傾向があります。

また、1LDK、2LDK、3LDKなど、部屋数が多くなると、マンションの査定額は上がります。

キッチンからの動線がスムーズとか、日当たりが良い、風通しがよいなども、買主によっては高額でマンションを買ってくれるポイントになります。

マンションな設備も査定金額が高くなるポイントです。例えばキッチンはIHコンロや食洗機、ディスポーザーなどガールと、マンションの査定金額はアップします。

また、最近流行りの浴室乾燥機や追い焚き機能、ウォシュレット、タンクレストイレなども、意外と査定金額をアップさせる要因になります。

エアコンについては、買主の希望によって残すのか、撤去するのかを決める要因になるので、エアコン設置台数やエアコンの性能はマンションの査定金額には影響が少ないと言われています。

その他のマンション査定に影響する要因

売却するマンションの大規模修繕の実施時期やその内容、費用などを確認しましょう。
また、共用部分の修繕状況:エレベーター、外壁、屋上など、共用部分の修繕状況を確認しましょう。

これらはマンションの査定金額に大きく影響する場合もありますが、マンション売却時のトラブル要因として多く確認されています。

マンションの査定金額には大きく影響する事は無いこですが、このタイミングで整理をするのがお勧めです。

マンションを売却する同じエリアで、築年数や広さのなど、似たような物件がある場合は、マンションの査定を依頼する不動産会社に、いくらぐらいで売却できたのかを聞いてください。

また、自分が売るマンションと似たような物件が、今どれぐらいの金額で売り出されていて、どのくらい問い合わせがあるのかについても、遠慮なくマンションを査定している不動産会社の営業マンに積極的に聞くのがお勧めです。

マンションの売却価格を決めるときに失敗しないためのポイント

不動産会社選びを慎重に行いましょう。経験豊富で実績のある、信頼できる不動産会社を選びましょう。
売却活動に積極的に協力しましょう。

内覧会への参加、買主との交渉など、売却活動に積極的に協力することで、早く売却できる可能性が高くなります。
必要に応じてリフォームを検討しましょう。傷みや老朽化が目立つ場合は、リフォームすることで売却価格をアップできる可能性があります。
税金対策をしておきましょう。譲渡所得税や住民税などの税金がかかりますので、事前に税金対策をしておきましょう。

マンションの売却価格は、様々な要素を総合的に考慮して決定する必要があります。希望条件を明確にし、マンションの査定結果を参考に、市場動向や経済状況なども考慮して、現実的な価格を設定しましょう。

売却するマンションの販売活動をする

マンション売却を成功に導くためには、的確な価格設定、魅力的な物件情報発信、積極的な販売活動、買主との丁寧なコミュニケーション、そして買取り保証などの制度を活用することが重要です。さらに、売却時期やリフォーム、相続対策など、売却を成功させるための様々なポイントを理解し、計画的に進めることが重要です。

1. 適切なマンションの売却価格を設定

先ほども説明したように複数の会社に自分のマンションの査定を依頼し、比較検討しましょう。

国土交通省の「土地総合情報システム(ちちそ)」や「レインズ(REINS)」などのサイトで過去の成約事例を調べることができます。
また、景気や金利動向、同エリアの物件価格、築年数、リフォーム状況、オプション設備などを考慮しまし、周辺で販売中の類似物件と比較しましょう。

まずは売却価格を設定してください。

そして、一定期間売却活動を行っても買い手が付かない場合は、価格の見直しが必要になる場合があります。
価格を下げる場合は、段階的に下げるのがおすすめです。一気に大幅に値下げすると、最初から値段が高すぎたと思われてしまう可能性があります。

2. 不動産会社による物件の情報発信

プロのカメラマンに、売却するマンションの撮影を依頼するのもおすすめです。
ドローンを使って空撮を行うことで、周辺環境をわかりやすく伝えることができます。
動画では、物件の雰囲気や周辺環境をより臨場感あふれる形で伝えることができます。
物件情報として、売却するマンションの間取り図は、家具付きのレイアウト図も用意すると、購入希望者がイメージしやすくなります。
設備表には、オプション設備だけでなく、標準装備の設備もすべて記載しましょう。
周辺環境情報には、学校区や商業施設、病院などの情報も記載しましょう。
リフォーム履歴があったら、できるだけ細かくいつ、何を、どのくらいの費用でリフォームしたのかを具体的に記載しましょう。

できたら、リフォーム前後の写真を掲載することで、リフォームの効果を訴求することができます。
そして売却するマンションを360度見渡せるVR画像を掲載することで、まるで実際に内覧しているような臨場感を味わうことができます。

3. 積極的に売却するマンションの販売活動をする

不動産ポータルサイト以外にも、SNSやブログなどを活用して物件情報を発信することができます。
YouTubeで物件紹介動画を公開するのも効果的です。

オープンハウス以外にも、個別内覧や買主説明会などを開催することができます。
地域密着型の不動産会社であれば、地域住民向けにチラシやポスティングを行うこともできます。

ファミリー向け、投資家向け、外国人向けなど、ターゲット層に合わせた販売活動を行いましょう。
ターゲット層に合わせた物件情報発信や販促活動を行うことで、より効果的に集客することができます。

4. 万が一のマンションの買取り保証をつけてもらう

一定期間内に売却できなかった場合に、不動産会社が一定価格で買い取る保証や、マンションの査定額より低い価格で売却できなかった場合に、差額を補填する保証をつけてもらえるか?不動産会社に聞いてください。

その時に保証期間や保証価格などの条件をしっかりと確認しましょう。
またその保証を使うと、利用料がかかる場合があることを確認しましょう。
すべての物件で買取り保証が適用されるわけではありません。

5. その他のマンション売却の販促活動のポイント

一般的に、春と秋の繁忙期に売却すると買い手がつきやすいと言われています。
ボーナス時期を狙うのも効果的です。

古くなった設備をリフォームすることで、物件の価値を高めることができます。
バリアフリーにすることで、高齢者やファミリー層にとって魅力的な物件になります。

名義変更や共有持分の売却など、相続に伴う手続きをスムーズに行うために、早めに準備を進めましょう。

6. 専門知識とマンション売却の経験豊富な不動産会社との連携

経験豊富な不動産会社と連携することで、効果的な販促活動のアドバイスやサポートを受けられます。

地域の市場動向や競合物件の情報など、専門的な知識を活用できます。

例:複数の不動産会社に査定を依頼し、比較検討する

成功事例:

ターゲティング広告で成約率2倍アップ

ターゲット層の属性や興味関心に合わせたSNS広告を展開し、成約率が2倍アップしました。広告内容は、ターゲット層のニーズに合わせた物件情報やライフスタイル提案を行いました。

VR内覧導入で遠方客からの問い合わせ増加

VR内覧を導入することで、遠方からの問い合わせが大幅に増加しました。実際に足を運べない方でも、物件の詳細を把握することができ、購入意欲を高める効果がありました。

ブログ記事で集客数10倍アップ

子育てしやすい街の情報やマンション暮らしのアイデアなどを発信するブログを開設し、集客数が10倍アップしました。ブログ記事を通じて、購入候補者との接点を増やし、信頼関係を築くことができました。

マンション売却を成功させるためには、適切な価格設定、魅力的な物件情報発信、積極的な販売活動、買主との丁寧なコミュニケーション、そして買取り保証などの制度を活用することが重要です。さらに、売却時期やリフォーム、相続対策など、売却を成功させるための様々なポイントを理解し、計画的に進めることが重要です。

マンションの買主との交渉と円滑な売買契約の結び方

初めてのマンション売却で特に、買主との交渉や契約手続きは、スムーズに進めたいものです。そこで今回は、敏腕営業マンの視点から、マンション売却における買主との交渉と円滑な売買契約の結び方についてより詳細に説明します。

マンション売却の交渉前に準備を徹底する

売却するマンションの周辺環境や類似物件の価格を調査するだけでなく、以下の要素も考慮して、適切な売却価格を設定しましょう。

修繕履歴: 近年実施された修繕内容や今後の修繕計画

設備の状況: キッチンや浴室などの設備の状態

間取り: ファミリー向け、単身者向けなど、ターゲット層に合わせた間取り

そして、マンションの売却理由を明確にすることで、買主との交渉で説得力が増します。

転勤や住み替えなど、具体的な理由を説明しましょう。

売却を急いでいる場合は、その理由も説明しておくと、買主も安心して交渉を進めることができます。

マンション売却で必要書類を事前に準備しておく

  • 売買契約書
  • 登記簿謄本
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 固定資産税評価証明書

その他、必要に応じて各種書類を準備

買主から想定される質問と回答を準備する

買主からよく質問される内容を事前に想定しておき、回答を準備しておきましょう。

売却するマンションの買主との最初の接点で好印象を与える

身だしなみを整える。清潔感のある服装で、笑顔で接しましょう。

物件の魅力を最大限にアピールする。物件の清掃を徹底し、整理整頓しておく。写真撮影は、明るい時間帯に、広角レンズを使用して行う。販売資料は、分かりやすく、読みやすいデザインにする。

売却するマンションの買主のニーズを丁寧に聞き取る

購入目的や家族構成などを聞き取り、ニーズに合った物件であることをアピールしましょう。

不安な点や疑問点があれば、丁寧に解消しましょう。

マンションの売買契約前に条件を明確にし、合意形成を図る

重要事項説明は、契約前に必ず行う義務があります。内容をしっかりと理解し、疑問点があれば解消しましょう。特約事項について話し合う。

契約前に疑問点や不安な点は必ず解消しておきましょう。契約後にトラブルになることを防ぎます。

初めてのマンション売却の場合は、不動産会社などの専門家にサポートを依頼することをおすすめします。専門家は、以下の業務を代行してくれます。

  • マンションの買主との交渉
  • マンションの売買契約手続き
  • マンション売却の各種書類の作成

コミュニケーションを丁寧に行う: 買主とのコミュニケーションを丁寧に行うことで、信頼関係を築き、円滑な交渉を実現することができます。

誠意を見せる: 誠意を持って交渉することで、買主も安心して取引を進めることができます。

双方が納得できる条件で契約する: 一方的な条件押し付けは避け、双方が納得できる条件で契約しましょう。

マンション売却は、準備とコミュニケーションが重要です。事前に準備をしっかり行い、買主との交渉では誠実に対応することで、円滑な売買契約を実現することができます。

物件の引き渡しとよくあるトラブル防止法について

初めてマンションを売却し、いよいよ買主への引き渡し。しかし、引き渡し後に思わぬトラブルが発生するケースも少なくありません。今回は、マンション売却後のトラブル5選と、敏腕営業マンが教える防止法について詳しく解説します。

さらに、各トラブル事例と解決例、役立つアドバイスも追加し、より理解を深められる内容に仕上げました。

売却したマンションの 設備故障の事例

引き渡し後すぐにエアコンが故障し、買主から修理費用の請求を受けた。

解決例

契約前に専門業者による設備診断を行い、故障リスクの高いエアコンは事前に交換しておいた。

設備保証期間を延長し、万が一の故障にも備えた。

引き渡し前に買主立ち会いのもとで動作確認を行い、問題がないことを確認した。

古くなった設備は故障リスクが高いため、事前に修繕または交換を検討しましょう。設備保証期間の延長は、トラブル発生時の費用負担を抑える有効な手段です。

引き渡し前に動作確認を行い、問題があれば速やかに対応することで、後のトラブルを防ぐことができます。

売却するマンションの修繕費用の負担の事例

契約書に修繕費用の負担割合が曖昧に記載されていたため、大規模修繕費用の負担をめぐって買主とトラブルになった。

解決例

契約書に修繕費用の種類ごとに負担割合を明確に記載した。

特定の修繕費用については、売主と買主で協議し、負担割合を調整した。

過去の修繕履歴を共有し、修繕内容と費用を確認した。

修繕費用の種類と負担割合は、事前に明確にしておくことが重要です。

特定の修繕費用については、個別に負担割合を調整することで、公平性を確保できます。

過去の修繕履歴を確認することで、将来発生する修繕費用を予測しやすくなります。

建物や土地の境界確定の事例

土地の境界線が曖昧で、隣地とのトラブルに発展した。

解決例

土地測量を行い、正確な境界線を確定した。

境界標を設置し、目視で確認できるようにした。

隣地所有者との境界確認書を作成し、双方が合意した内容を記録した。

土地測量による境界確定は、トラブルを防ぐための最も確実な方法です。

境界標を設置することで、境界線の明確化に役立ちます。

境界確認書を作成することで、後々のトラブルを防止できます。

固定資産税などの売却するマンショに関わる税金などの滞納金の事例

固定資産税などの滞納金があることを買主に告知せず、引き渡し後にトラブルになった。

解決例

滞納金がないことを事前に確認し、必要があれば支払っておいた。

滞納金の存在を契約書に明記し、買主に告知した。

税務署等へ確認を行い、滞納証明書を取得した。

滞納金は必ず事前に支払い、完納証明書を取得しておきましょう。

滞納金の存在を契約書に明記することで、買主とのトラブルを防ぐことができます。
税務署等へ確認を行い、滞納証明書を取得することで、滞納金がないことを証明できます。

売却するマンショに抵当権が残っている場合のトラブル事例

登記簿謄本に抵当権などの登記が残っていたため、買主が所有権を取得できないトラブルが発生した。

解決例

引き渡し前に抵当権などの登記を抹消した。

登記簿謄本を取得し、登記内容を確認した。

必要に応じて、司法書士に登記手続きを依頼した。

抵当権などの登記は、事前に抹消しておきましょう。

登記簿謄本を取得し、登記内容をよく確認しましょう。

登記手続きは複雑な場合が多いため、司法書士に依頼することをおすすめします。

マンション売却後のトラブルは、事前にしっかりと準備することで防ぐことができます。今回紹介した5つのトラブル事例を参考に、契約書の内容を詳細に確認し、設備や修繕費用、境界確定、滞納金、登記簿謄本などの重要事項を事前に確認しておきましょう。

マンション売却時の確定申告と納税、節税対策に関することについて

マンション売却で利益が出た場合は、譲渡所得税の支払い義務が発生します。しかし、一定の条件を満たせば、3,000万円特別控除や居住用財産の買換え特例などの特例を利用して節税できる可能性があります。

不動産売却時の3,000万円特別控除

マイホームを所有期間10年超で売却した場合、譲渡所得から最高3,000万円まで控除を受けられる特例です。この特例を利用すれば、3,000万円までの利益には税金がかかりません。

1,000万円で購入したマンションを、所有期間15年後に2,500万円で売却した場合、譲渡所得は1,500万円となります。しかし、3,000万円特別控除を利用すれば、課税対象となるのは1,500万円から3,000万円を差し引いた0円となり、税金はかかりません。

居住用財産の買換え特例

マイホームを売却して、一定期間内に別のマイホームを購入した場合に適用される特例です。この特例を利用すれば、一定の条件を満たすことで、買い替えによって生じた譲渡損失を損益通算または繰越控除することができます。

1,500万円で購入したマンションを、所有期間5年後に1,000万円で売却した場合、譲渡損失は500万円となります。その後、3,000万円で購入した別のマイホームを購入した場合、居住用財産の買換え特例を利用することで、500万円の譲渡損失を3,000万円の所得から控除することができます。

その他のマンション売却時に使える節税対策

取得費に計上できる費用の漏れがないか確認する。

取得費には、購入価格だけでなく、登記費用や仲介手数料、リフォーム費用など、マンション取得にかかったすべての費用が含まれます。

マンション購入時に50万円のオプション工事を行った場合、その費用も取得費に計上することができます。

譲渡費用を計上する

売却時の広告料や仲介手数料、抵当権抹消費用などの譲渡費用も忘れずに計上しましょう。

売却時に30万円の広告料を支払った場合、その費用も譲渡費用として計上することができます。

ふるさと納税を活用する

寄付金控除を受けることができるふるさと納税を活用することで、税負担を軽減することができます。

1万円の寄付を行った場合、所得税と住民税合わせて約2,000円の節税効果が期待できます。

マンション売却時の確定申告と納税は複雑なため、早めに税理士に相談するのがお勧めです。